FC2ブログ
すべての声は平等に聞かれていますか?
久々の更新ですが、今日は最近の我が家でのお話を。

外国語教師である私の妹の申し出で始まった娘(10歳)のための英語講座。

心配していた通り、
とうとう娘が「レッスンやりたくない」と言い出しました。

本人が希望したというよりも、
講師である妹がやりたくて始めたようなものでしたのでね。

それでこの講座は一旦休止となったのですが、
今回の件で私は自分の体験を思い出したのです。


私がちょうど娘と同じ小学校4年生くらいのある冬の日のこと。

親に勧められて始めた水泳教室がイヤでイヤでたまらなくなり
でもそれを親に言えず、
私はプールへは行ったものの、更衣室に篭り、
そのまま帰宅したことがありました。

水泳教室では受付と実際の生徒数が異なりますから
当然家に連絡が入ります。

私は両親に叱責され、裸足のまま、
雪の降り積もる庭に投げ飛ばされました。


・・・娘の一件で、そんな記憶が蘇ってきたんです。


ここで、プールまで行ったくせに逃げた私自身や
今だったら虐待とみなされるであろう親の言動を
「正しい」とか「正しくない」とか言うつもりはありません。


ただ、

「うちの実家は、言いにくい声が聞かれない空間だったな」

と、あらためて思ったのです。


関係性のコーチングで、人間関係を良好にするためのコツとして
レクチャーしているポイントがいくつかあるのですが
そのうちの1つとして

「すべての声は平等に聞かれる必要がある。
 言いにくい声にこそ智慧がある」


というのがあります。


大きな声(親、上司、教師など上の立場の声)と同じように
小さな声(子ども、部下、生徒など立場の弱い人の声)も
平等に聞かれる必要がある、ということです。

そして、そこには関係を改善するためのヒントがあるのです。


聞いたからと言ってそれを受け入れる必要はなく
「ただ耳を傾けてみてくださいね」とお願いしています。

そしてもちろん、言いやすい雰囲気を作ることが何よりも大事です。


「我が家の声の民主主義は守られているのかもな」
そんなことを感じた瞬間でした。



---------------

2時間で聞き上手になっちゃう講座のお知らせです

子どもとのコミュニケーション、ママ友とのコミュニケーションの他、
交流会、営業など、幅広く応用できます。

「初対面で話が続かない」
「聞き上手になりたい」
「営業上『相手のニーズを聞け』と言われるが、何をやったらいいのかわからない」
・・・といった方におススメです。

相手を引き出す対話術(1)―聞く力―

日時:2012年07月13日(金)10時~12時
会場:東京都中央区京橋(お申し込みの方には詳細ご連絡致します)
参加費:3000円
>>>参加申し込みはこちら
スポンサーサイト



【 2012/07/01 08:32 】

システムコーチング | コメント(0) | トラックバック(0) |
子どもの心のコーチング―一人で考え、一人でできる子の育て方


以前、こちらでご紹介した本が文庫本になっています。

値段も安くなりましたし、何より文庫本ですからどこででも読めますね。
永久保存版にしても場所を取らないし。

「オススメの子育てコーチングの本を教えて下さい」と聞かれると
とりあえず最初の1冊としてこの本をご紹介しています。

想定して書かれている子どもの年齢は小中学生、言語でのコミュニケーションがとれ、
自分で考えることができる年齢ですが、
まだ話すことができない小さなお子さんに対しても
親としてのスタンスを学ぶには良書だと思います。
【 2011/08/29 09:37 】

子育関連おススメの本 | コメント(0) | トラックバック(0) |
母親としてのメタスキル
ある場や雰囲気に影響を与える姿勢や態度、あり方のことを「メタスキル」といいます。

例えば「ただいま~」と子どもが帰ってきたときに
「おかえり。」と玄関で仁王立ちしているのと
「おっかえりっ♪」と笑顔で向かえるのとでは
その場の空気感が全く異なりますよね?

この「態度」や「姿勢」がメタスキルです。

人間関係において、このメタスキルを意識的に選択できる様になると
思わぬ効果を発揮します。

例えば、娘が常々「お母さんて面白いよね~」と楽しそうにしているのは
私が元々変なキャラクターだから 「遊び心」というメタスキルを
意識して取り入れているからです。

そして、これは何もお子さんとの関係性にだけ有効なわけではなく
ご主人やお姑さん等との関係や
職場の人間関係にも同じような効果があるのです。

システムコーチングでは関係性において重要な8つのメタスキルについて
意識的に関係性に導入できるようアプローチします。
【 2011/01/26 13:36 】

システムコーチング | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ